稲子温泉 ユートリオが再開

新稲子川温泉ユー・トリオさん。昨年の地震の影響やら、老朽化やら、設備がだいぶ傷んだようで4月から一旦閉館していたんだけれども、6月16日から無事に再開するようだ。

http://u-trio.com/

ユートリオは平成2年にオープンした温泉。とはいえ、温度が約28度と低め。なので温泉施設では若干ボイラーで追い焚きするわけだが、この施設の売りはなんといっても温泉プール。熱すぎず冷たすぎず、リラックスしながら利用できそうだ。

しばらくは芝川町営だったが、富士宮市との合併にあわせて指定管理を募集。指定管理者に有限会社湯楽里さんが選ばれた。湯楽里さんはもともとユートリオで食事処・食堂を経営していた会社なので、勝手は全部知っているわけでアドバンテージになんたんだろう。

その食事処湯楽里さんのメニューの中で自他共に極上と認めるメニューが味付けたまご。

http://u-trio.com/foods.html

ほんと極上です。言葉にできないので試してみてください。

ユートリオの欠点は、行くまでの道中が怖いという事。川沿いは採石場が多いのが定番だが、この稲子川は特にたくさんの採石場の現場が有る上、道路がせまいのでダンプカーとのすれ違いが実に危険。接触事故は日常茶飯事。その昔は川に落ちる車もあったとかないとか。柚野側から行くには桜峠という有名な難所を超えなければならず、これまた一苦労。まあ、大変です。

なので湯楽里さんではJR身延線・稲子駅までは1名からでも無料送迎、富士宮市内でも一日券7名以上ならやはり無料で迎えに来てくれるサービスを提供。

富士宮市も梅の里稲子まつりを開催するなど、稲子の地域おこしにテコ入れモード。近所に平維盛の墓もあるんだね。

http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/kankou/event/ume.htm

冒頭の通り震災もあって2ヶ月の休業を余儀なくされたものの、指定管理者制に移行前と後では来場者も増えつつあり、この一年はさらに力をいれていくとのこと。

元々いいものは一杯持っている場所ので、みんなでテコ入れ、共通の目的意識もって取り組んでいくとそれなりに成果は出てくるってことだろう。

 

富士山麓有機農業推進協議会
ページ上部へ戻る